音楽とオタク活動。欲望に正直に生きてる。

未来向きトライアド

楽曲解析

ラーメン大好き小泉さんED「LOVE MEN HOLIC」楽曲解析

更新日:

ラーメン大好き小泉さんのED曲がメッチャ良いので、なんでグッとくるのか分析してみました。

西沢幸奏『LOVE MEN HOLIC』

Flying Dogの公式動画がありましたので、こちらをまず。EDのアニメ絵メッチャ良いのでそちらも是非見てほしい。

 

楽曲構成《TVサイズ》

  1. ドラムフィルイン(1小節)
  2. イントロ(8小節)
  3. Aメロ(8小節)
  4. A'メロ(8小節)
  5. Bメロ(8小節)
  6. Cメロ(16小節)
  7. アウトロ(1小節)

シンプルな曲構成かつ、調もC#mと一貫しているのにワクワクする曲で素晴らしいです。

メロディーの良さみが良いのですが、若干コードの寄与する部分もアリそうだったので、分析します。

 

イントロ

(Key : C#m)

| A△ B | G#m7 C#m7 | A△ B | C#sus7 C#m7 | 

x2

シンプルな王道進行、6→7→5→1進行(メジャー調での4→5→3→6進行)を土台。

ギターリフのモチーフが特徴的。巷で騒がれているGod Knows感は別にそこまで無いんじゃないかなという気は私はしている。

ワンポイント

4・8小節目のコードが「C#sus系」→「C#m7」と一瞬浮遊してから解決するのが特徴。「C#sus系」→「C#△」のメジャーへの解決もあるが、ここではマイナー感を残している模様。

 

Aメロ、A'メロ

| A△ B | G#m7 C#m7 | A△ B | E△(9) |

| A△ B | G#m7 C#m7 | A△ B | C#m7 |

x2

コード進行は、殆どイントロと同じだが、4小節目でE△となっていて初めて出てくる。

ワンポイント

4小節目のE△、マイナー調でのⅢ♭△の音はⅠm7と同じトニック(安定)のコードである。

E△(9)と書いたのは、メロディが乗っているのと、G#m7/E的なオンコード感も感じるため。

 

AメロとA'メロで、メロディラインが違うので、コードがシンプルでも展開感があるんですね。凄い。

 

Bメロ

| A△      |          | E△/G#   |           |

| A△      |          | B            | G#m7 |

コードの動き・メロディラインがゆっくりになり、サビへの展開への期待感が高まる部分。

ワンポイント

先程も出てきたE△コードだが、今度はE△/G#と転回形となっている。

E△でも問題ないが、E△/G#こちらのほうが、「ベースラインが滑らかに繋がりフロート感が出る」「解決感も薄まりサビへの力がたまる」ので素晴らしい。

 

サビ、アウトロ

| A△        |             | E△/G#   |           |

| F#m7 | G#7(♭9) | C#m7    | B        |

| A△        |             | E△/G#   |           |

| F#m7    | G#m7  | A△        | B         | A△       |

好き。

ワンポイント

6小節目のG#7(♭9) 」がエモいポイント

「F#m7→G#m7→C#m7」

でも良いのですが、この進行をマイナー調のツーファイブを形成することで、間のG#m7がG7として使えるようになり、1~4小節目と同モチーフのメロディラインであっても、メロディラインの「ラ」の♭9のテンション音が泣けます。

「F#m7→G#7→C#m7」(簡易)

「F#m7→G#7(♭9)→C#m7」(テンション有り)

 

結論

この曲メロディがメッチャ良かった。
ちなみに、アニメのED映像の白黒TVから新しくなってく感じの絵メッチャ好きですね。

 

2018年2月21日にCD販売とのことです。楽しみ!

TVアニメ「ラーメン大好き小泉さん」エンディングテーマ LOVE MEN HOLIC

fotriad336

fotriad336

-楽曲解析

Copyright© 未来向きトライアド , 2018 All Rights Reserved.