音楽とオタク活動。欲望に正直に生きてる。

未来向きトライアド

楽曲解析

坂本真綾『プラチナ』を音楽理論で徹底解析(1)

更新日:

不朽の名曲『プラチナ』を音楽理論を交え、分かりやすく解析しました!菅野よう子さん作編曲の複雑な楽曲ですが、理論を使って紐解いていきたいと思います。

パート1ではIntro部分を解析しました。

  • ツーファイブ進行
  • 代理コード   (モーダルインターチェンジ(Modal Interchange))
  • オンコード(Ⅳ/Ⅴ)の浮遊感

をテーマに進めています。

 

※以下動画ダイジェスト

坂本真綾『プラチナ(Intro)のコード進行:ポイントは3つ

 

ポイント1:ツーファイブ進行(大きな流れ)

大きな流れとしてのツーファイブ進行を考えてみると、下記解釈が出来ます。

 

ポイント2:代理コード(モーダルインターチェンジ)

 

ポイント3:浮遊感を出すためのオンコード

 

詳しくは動画にて解説しているため、そちらをご覧頂ければと思います。

 

追記:新シリーズのためか、「カードキャプターさくら」主題歌コレクションが再販されてますね!素晴らしい!!

fotriad336

fotriad336

-楽曲解析
-

Copyright© 未来向きトライアド , 2018 All Rights Reserved.